スライディング・ヘディングシュート2


3000坪の冒険と、時々音楽すごく映画。たまにサッカー
by frat358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

<   2017年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

冷たい雨はツライよね。



c0027929_20591936.jpg

3位だ。検索ランキングでアマゾンに勝ったぞ(笑)
たまーに人物伝も書きますよ、はい。
金もらってる訳でもないので気分が乗ったらですけど。
人の知識になってしまうので間違いが無いように気をつけたい(たまにやる)





c0027929_21084859.jpg


寝てたら父親が私の名前を叫んだのでビックリしまして。
心の中で声が聞こえたとか、そんなレベルじゃなくて
物理的に、耳に向かって名前を叫ばれました。
起きてみましたが誰も居ない。そりゃそうだ。
母は海外旅行中、父は数十年会ってません。
それでも父親の声だと気ずけるなんて凄いね。

なんだろう・・・死んだのかな。
死んだら連絡が来るようになってるのだが。
引っ越した影響で伝わらなくなってるのか?
分からん。出来る事は何もない。
浜通りにある墓地は津波で流されたらしいので
父が死んだら何処に入るんだろう。

そういえば私の母は頼んでおいた仕事も、
私に任せておけとか言ってた仕事も
全部ほっぽりだして旅行に行ってしまった(笑)
でも私が雨が続いてたとか、母の頼み事を聞いた為に
遅れている仕事があると、ボッコボコに批判してくる;
単純に忘れてしまってるんだろうな。
雨が降ってた事も、自分が頼んだことも
自分の意思で始めた事でも;
それで私が怠けてるように見えるのか?
昔は、こんな人じゃなかったんだが・・・
これが後期高齢者の姿なのだろうか。
縁起でもないですが親が死んだ後の練習だと思って
前向きに1人で作業を続けてます。

とりあえず、やりたいと言うから任せておいた作業を
夜通し頑張って消化してだな・・・太陽が昇ったら畝を立てて、
播種機を遠くの村から借りて、種を撒いて、
シートを敷いて・・・はあ。会社で働くのも大変ですが
農業もキツイね;


c0027929_20575327.jpg


今年は野菜も650苗ほど作ります。
なおかつ薬草を作ってアーモンドも軌道に乗れば
家族が持てるくらいの値段になりますが、
でも、そんなのさ・・・完全に理論値というか・・・
単純計算しすぎというか。そんなに上手くいかないよな。
バッターボックスに10回立って、
ホームランを10本打てる人は居ないじゃん?
サッカーも5秒でゴールできるスポーツだけど
5秒×90分でゴール数を計算しないよね。
私の単純計算は、それくらいムチャな事だと思うので
3つ上手くいっても理想通りにはいかないハズです。
うまいことやるには、理論値だと桁外れの金額で、
上手くいかない場合でも高収入になるような。
そういうのが理想かなーって思うんだけど
それ自体、不可能だったりするよな;


色んな農家を見て回って、
イチゴ作ったほうが安定するんだなーと思ったけど
これに手を出すとアーモンドを見る時間が無くなるし
初期投資が大きすぎて後戻りできないなーと。
ホームラン10本は無理だけど
やっぱり今の作業で成功を目指したほうが良さそうです。



c0027929_20574485.jpg


はあ・・・やだやだ。


c0027929_20575078.jpg


あーもういやだ。きつい。



c0027929_20574090.jpg


腕が痛いー、足が痛いー、わーわー、



c0027929_20573751.jpg


いやだいやだ・・・と言いながらも
やる事は、やっている。少しは慣れてきたか。





[PR]
by frat358 | 2017-03-30 21:16 | 熊本ハーフ | Comments(2)

明日は気温差11度

c0027929_20424316.jpg



今年は開花が遅いです。


c0027929_20440236.jpg


ようやく桜が咲き始めて


c0027929_20440588.jpg

桃の花も咲いたけど・・・


遅いなあ。関東では、どうなんだろ。
梅だけは2月に咲いてた気がする。でも遅かった。


c0027929_20451139.jpg


私の桃は実が付いたりもするんですけど、大きくならずに枯れました。
完全に花桃って事かな。桃って種類が多いし憶えられない・・・

c0027929_20450430.jpg


精神をやられるほど疲れたときは、ここに来て花を見てます;
まだアーモンドなんて全く咲いてませんよ。桜が散る頃には
咲き始めるんですけど、今年は遅いのなんのって・・・
おかげで肥料を撒く時間が確保できたけどさ。

c0027929_20473307.jpg


でもこれは凄いわ。おばちゃん、さすがだわ・・・
おばちゃん、人間としては無礼すぎて最低だけどゲホッ!ゲフ・・・
腕がいいのは認めるよ。おばちゃんのアーモンドだけ、もう咲いてるよ。


c0027929_20490292.jpg


見ておばちゃん、ミツバチも来てたよ。おばちゃん本当に凄いわ。
人が寄り付かないくらい人としてはダメだけどゴフッ!ゲフ・・・
人間関係を諦めて植物に専念しただけあ・・ゴフォ!ゲホッ・・・
素晴らしいよ、俺は認める。あんたは凄い。


c0027929_20515029.jpg


アーモンドはイケメンだ。私はな・・・太ったぞ(笑)
コッチ来てから6キロくらい太ったと思う。
筋肉が増えたんだろうけど脂肪を落としてないので、足し算になったんだな。
今年は農作業が死ぬほどキツイので、イヤでも痩せる事でしょう。



[PR]
by frat358 | 2017-03-30 20:54 | アーモンド | Comments(0)

youtubeを使った時事


c0027929_20322084.jpg


てゆうかデトロイト州って何だよ。
そんな州は、ねえよ。デトロイトはミシガン州だよ。
4回もデトロイト州って書いちまったよ。
修正したよ。すげえ恥ずかしいよまったく。







歩こうとしたらアクセルが目の前に居たので
本気で驚くスラッシュの動画。

スティーブン・アドラーがスポット参戦して
ガンズのツアーに軽く帯同しましたが、
その後は彼にも色々とコメントする機会があって
アクセルの態度が冷たかったとかも言ってしまい、
どうやら・・・何かを怒らせてしまったようです。
「何か」というより「誰か」でしょうね。
「誰か」っていうか、アクセルだろうなって思うのですが;

「もう二度とガンズの事は話せない」とか
スティーブンが言ってまして、口止めされた感じでした。
私の想像ですけど、ちょっとした事でも
マスコミは騒ぎ立てて話題にしてしまうので、
「誤解を招く形でクチが滑るなら、もう話すな」と。
誰かさんに言われたのかなーと。
その代わり、俺もお前の事を悪く言わないから、とかね。
ようやく色んな事が上手くいってるんだから
導火線に点火するような事は、やめろと。

そんな感じでしょうか。







最近は言語が違う動画でも、翻訳機能をONにすれば
何を話してるのかが分かるようになった・・・ハズですが。
私が若かった頃はネット翻訳なんて酷いもんでしたが、
少しは進化したかなーと思って
翻訳ONでガンズのインタビューを見てみたんですけど、


>1990年、または何で何か
>それはだったと私はしたいと私は望んでいませんでした
>そこに本当に誰と行きます

>前方一度起動となることを忘れないでください
>そのパイロットが上に来たように、私たちは飛んでいます
>以下のために行くために私を空気とするもののように開始

>そして私の妹はちょうど彼女が壊れていたこと
>足の数ヶ月前と、彼女は作ら  私、彼女は右だと
>ステージ上の突然の もしあなたが知っているし
>その後ええと君たち


やっぱダメか(笑)なんかもう、読んでて笑っちゃうし
字幕を付けてるせいで何を話してるのか分からなくなる・・・
これだったら英語字幕にして読みながら英語を聞いたほうが理解できる。
翻訳は文章でも変な感じになるレベルだし
音声を自動翻訳なんて、私が生きてるうちには無理かもな。
せめてニュアンスくらいは伝わるようになったかなーと思ったが

>それはだったと私はしたいと私は望んでいませんでした

↑わかんねえよ;こんな翻訳になっちゃうようでは無理ですね。







「日本行きたい人応援団」という番組をyoutubeで見ました。
こういう番組は「愛国ポルノ」とか呼ばれやすくて
そりゃあ日本大好きって言ってくれる人なんだから
日本人は見てて気分いいだろうよって視点もありますけど、
この番組に出てくる外国人の皆さんは、ほとんどが日本人よりも
日本の文化に詳しいので。こっちのほうが日本について
教えてもらってるような気分にも、よくなります。
正直言って、勉強になります;
ポーランドとハンガリーに親日家が多いのは
歴史の影響だと思うし、南米のほうは日系人の影響かなと。
こういうのって「縁」だと思うので、もう単純に
難しい事は考えず、21世紀も仲良くしていけばいいと思ってます。


幾つか見たんですけど、凄く印象的だったのは
可愛い子供の夢が叶う放送回ではなく、イギリスの日本大好き男でした。
この人は40代だったと思うんですけど、海苔が好きっていう。
イギリスで海苔を作ってるけど上手くいかなくて、
人生も上手くいってなくて、ほぼ無職。
自分で発刊してる海苔の本の売上くらいしか収入がありません。
でもイギリスは失業手当てが充実してるというか・・・
日本の場合は期間限定で国が払ってくれますけど
(要は早く仕事を見つけろって事ですね)
イギリスは歴史的な背景も影響しているのか、
失業手当は・・・確か永続的に貰う事が出来ます。
イギリスのロックミュージシャンも「売れる前は
失業手当で食ってた」なんて、よく言ってたし。
海苔が好きな男性も、おそらく失業手当で暮らしてるんだと思う。

この男性には恋人が居て、海苔作りに燃える彼氏を
応援してるって放送では言ってたけど・・・
確かに相思相愛に見えましたが、私には彼女が心の底では
別れようか悩んでるように見えました。
彼氏は、彼女が悩んでる事に気ずいてないように見えた;
彼の夢が上手くいって欲しいから、彼が日本に行けるように
順風満帆な恋を演じているような感じでした。
そして、その予感は的中する・・・


海苔男は採用されて日本に来るんですけど。
海辺で暮らす爺さんに「結婚してるのか?」と聞かれて
「実は・・・日本へ来る前に別れたんです」・・・やっぱりね。

「しばらくは海苔が恋人ですねハハハ!
・・・すみません、強がってしまいました」とか言うので
なんだか・・・見ていて切なくなりました(笑)

多分、彼は他の来日者と違って将来のビジョンが短絡的だし、
イギリスに戻っても、日本で学んだ海苔の技術を活かして
生活を軌道に乗せるのは難しそうだと感じました。
イギリスで加工して海苔を作って、
そこまでは良いのだけど、その後どうするかは・・・
あんまり考えてないように見えた。
悪いヤツじゃないんだけどね・・・
でも、ダメそうだと思ったからこそ成功して欲しいと思った。
1年くらい経ったら、追跡取材して
今どうしているのか是非、放送してほしい;

海苔を大量生産して販売する訳でもなさそうだし
伝えていくにしても海沿いに住んでる人くらいしか
海草は気軽に手に入らないし・・・
いっそ熊本へ移住して海苔作りで暮らしたほうが。
なんなら、俺が友達になるぞ(笑)




c0027929_20372614.jpg



先月だったかな、
三沢光晴が作ったプロレス団体、ノアが倒産しました。
団体自体は新会社に移るので、プロレス団体としては継続ですが
・・・これって三沢が作った会社に借金を負わせて倒産とし、
新会社に乗り換えて団体を継続するって事で、いいのかな?
こんな事をして、新たに融資してくれるところが
見つかるのでしょうか。見つかったとしても危ない世界なのでは。
詳しい人達のブログを見てみると、今後も前途多難みたいです。

新日本プロレスは世代交代に成功し、トップを継いだ選手達も
驕ったりせずにファンを大切にして、献身的な活動を続けてます。
会場に足を運んでくれるファンを徹底的に愛していく方針で
根強く応援してくれるファンを新たに増やしていきました。
昔のようにテレビ局が放送してくれない時代ですから、
コアなファンを増やしていく、喜ばせるのが正解だったと。
現在の新日本の光景を祝福というよりは羨ましいなーと思うので、
やっぱり私は猪木派じゃなくて馬場さん派なんだなと改めて思います。

猪木と馬場・・・面白いのは断然、猪木です。
行けば分かるさの精神で、誰もやった事のない事を
ファンと一緒に共同体験していく企画運営は
前人未到だらけでワクワクに溢れてました。
でも莫大な借金を作っていた現実もあります。
まるで、自分がしたい事を金が邪魔しやがると言わんばかり。
馬場さんは真逆で、社長として他者の人生を背負っている以上は
ギャンブルのような経営に手を出さなかった。
最もプロレスが儲かる時代でも、安易に東京ドームへ進出しなかった。
乗ってけサーフィンで群がってくる儲け話には決して乗らない。
でも、ダイナマイトキッドやスタン・ハンセンなどの
他団体で問題を起こした選手が全日本に来ると、
必ず言っていたのが「馬場は嘘を言わない」という言葉でした。
そして引退まで馬場さんの団体に居続けた。
自分もこういう人間でありたいと思い、私は馬場派になりました。
でも人は猪木と馬場の両方を併せ持ってるのかもしれない。
馬場派の私の中にも、猪木は居ます。

馬場さんの精神を継いだと評された
三沢さんが亡くなって、
経営面で三沢さんの相棒だった方も若くして亡くなり、
スター選手として三沢さんを後継するハズだった小橋さんは癌を患って引退。
これだけ屋台骨を次々と失えば、求心力の在る人物が不在になります。
絶対的な人間が居ないと派閥化していったり、一枚岩じゃなくなる。
何かあっても、この人が居るという安心感を失うと
組織は不安定になっていくんだなーと。知ってはいたけどさ。

「頑張る人が報われる会社にしたい」・・・これがノアの旗印だったと
個人的には思っています。そこには馬場さんの精神が残っていると
自分では感じていました。でもカリスマ性、スター性というのは
頑張るだけでは身に付かないもので、生まれ持った内面とか
自己プロデュースの上手さとか、必要だったりします。
カリスマというのは、もう少し分かりやすく言うと
「人が付いてくる強さ」だと思います。
三沢は、この点でズバ抜けた人物でした。
何を見せていくかという点でも三沢が居なくなってからは
方向性が一貫しておらず、迷走の果ての倒産で
ああでもない、こうでもないと様々な意見を読みましたが、
一番必要だったのは、カリスマだったんじゃないかなと思います。

カリスマ的な人物って、全員が私のようになれ、とか
私のライバルになれとか、付いてくる人達に激を飛ばすのですが・・・
人が付いてこない人がカリスマのように振る舞っても
誰も幸せにならないというか・・・
私も答えを持ってる訳じゃないですけど
色んな事を考えてしまう「倒産」でした。






[PR]
by frat358 | 2017-03-26 20:46 | 熊本ハーフ | Comments(0)

最後のゾンビと最強じいちゃん



c0027929_01312703.jpg

「バイオハザード: ザ・ファイナル」

10年くらい続いてた映画版ですけど
遂に最終作となりました。映画版は最初のが凄く評価されて
2,3,4、と連作が作られていったんだけど
最初を超えられないまま最終作に至ってしまったというか。

何度も書いてますけど、決定的にアウトだったのは
アンブレラが倒産してない点だと思います。
ゾンビの被害で70億人も死んで、紙幣価値が崩壊してるのに
何故かアンブレラは会社として存在しているという;
この意味不明さに、個人的には悩まされました。
ゲーム版のバイオハザードでは人類が滅亡していないし
アンブレラは株価が暴落して倒産しています。

今回の最終作では、長く私を悩ませてきた
「世界が崩壊したのに会社は残ってる」という謎の設定に
ようやく向き合って消化してくれて、嬉しかったです。


c0027929_01312964.jpg

アクションも独創的なのが多かったし、
ロープを使ったアクションは特にカッコよかった。
主人公のアリスをピンチにするアイデアも上手だった。
でも何故か、異様なくらいにテンポが速かった・・・
まだレンタル開始されたばっかりなので
営業妨害みたいな事はしたくないんですけど、
オープニングだけ書きますね。

奇病に苦しむ娘を持つ科学者だったか医者が居て、
娘を助けたい一心で新薬の開発を頑張ります。
Tウイルスというのを娘に投与したら完治したので、
この新薬を世界中の難病患者に販売します。
これで莫大な利益を得ますが、でもTウイルスを投薬された人は
あまりにも回復力が強すぎて、死ぬとゾンビになります。

よくある設定ですけど、そんなに悪くないですよね。
何が問題かっていうと、文章でまとめてもこれだけ必要なのに
ここまでで、映画がスタートしてから3分くらいなんです。
本来は10分くらい使って表現すべき大事な場面なのに
見てて疲れるくらいの、物凄いスピードで映画が展開します。
その凄まじい速さはローラさんが登場しても続き、
中盤まで猛ダッシュで映画が進んでいく。映画が中盤を超えると
ようやく、いつものアンダーソン監督のテンポになります。

多分、大人の事情なんだろうなと思いました。
最終作の割には短めの106分という長さで、
この長さじゃないと会社がOKを出さなかったのでは。
もし120分で作っていたら完璧だったと思う。


c0027929_01313588.jpg

ラストも良かったと思います。
ああ、もう終わるんだなー・・・かれこれ10年だっけ。
試写会に行けたのも懐かしいなーとか、
見てるほうも色んな事を思い出すようなラストでした。



c0027929_01322053.png


「ドント・ブリーズ」(呼吸禁止)

ゲロばっかり出てくる変態映画監督
サム・ライミさんの関わった新作です。
前回のホラーは「スペル」という映画で
怖い婆ちゃんでしたけど・・・今回は怖い爺ちゃんです。

凄いホラー映画だなーと思いました。
殺害描写もグロテスクじゃないし、
ビルが爆発する訳でもない。死んじゃう人も少ない。
なのにメチャクチャ怖いんですよ。
しかも撮影は、ほとんど家の中だけでした。
もちろん技術的には暗い部屋を上手く撮ってたり
狭い場所でも色んな角度で撮影してたり
苦労は多かったとは思いますが、低予算だと思います。

設定も凄く上手くて、舞台がデトロイトなんです。
デトロイトなどの自動車生産が盛んだった場所では
日本車ばっかり売れる状況が長く続いた事と
サブプライムローンで家を立ち退きになった人が多くて
空き家だらけになってます。現実の世界でも
デトロイトは失業者と犯罪で溢れている現状です。
その町で空き巣を繰り返している若者3人が、
それぞれの理由で最強おじいちゃんに挑む・・・違うか。



c0027929_01323273.jpg

おじいちゃんはイラク戦争に兵士として参加して失明し、
帰国後は娘を交通事故で亡くして、金持ちの女の子が
娘を轢き殺したので、多額の示談金を得ました。
その示談金を盗み出してデトロイトを抜け出し、
新しい人生を得たいと思っている若者3人組が
おじいちゃんの家に忍び込んでしまいます。
ここまでが結構長いんですけど、お爺ちゃん可哀相だし
若者3人の人生も悲しくて、描写が上手でした。
なかでも気に入ってるのは、爺ちゃんの部屋に飾ってある娘の写真が
上下逆さまで置いてあるんです。見えないから気ずかないし
逆さまなのを教えてくれる人も居ない。
たった1つの映像で、お爺ちゃんの寂しい生活が見えてくる。
こういう小技が5分感覚くらいで設置されてる映画って
なかなか退屈しないし、私が脚本を書けないのも
まさに、こういう点が無いからなので。
凄く上手に表現されてたから感心しました。


c0027929_01323500.jpg

夜もなかなか眠れないので
娘が生きてた頃のビデオを再生しながら
音声を子守唄みたいにして眠ってる姿とか
本当に可哀相だなーって思いましたけどね。
でも、この爺ちゃんがメチャクチャ強いんだよ・・・


c0027929_01322245.jpg

どう見ても肉体的に最も強そうなのが爺ちゃんだし、
目が見えないとは言っても軍人だった人ですから
捕まえたら素手で殺せるような爺ちゃんで、
どんどん若い子達は追い込まれていきます。

上手いなーと思ったのは、目が見えない人って
鼻が良かったり耳が良かったするんですけど
お爺ちゃんは若干、嗅覚と聴覚が優れている程度なんです。
呼吸音に気ずいたり、汗が床に落ちた程度で気ずいたりとか
そういう、異常な感覚の持ち主ではありません。



c0027929_01322959.jpg

↑こんな感じなんです。

近くに居ても、触れたり音がしない限りは
お爺ちゃんは気ずかない。これが良かった。
どんなに怖くても動かないで居ることが
最大の防御になるという設定。よく思いついたね。


c0027929_01322784.jpg


家の中だけでも、こんなに素晴らしいホラーが作れる事に
物凄く感動しました。まあ見てる間はあまりにも怖いので
笑えてきましたけどね;だって、超近くに居るんですよ(笑)
気ずかれたら瞬殺されるレベルで爺ちゃんが強いので
だるまさんが転んだみたいに止まってるしか無いという。

万人向けじゃないけど、ホラーが好きな方には見て欲しいです。



c0027929_01330020.jpg

今回はゲロが出てきません。女優の顔面にゲロが吐かれない。
じゃあ誰がゲロを吐くかというと、見てる人が吐きます。
うおぇええええ!!きもちわるっ!!って、なります。
男子の私でも寒気がしたので、女子が見たら発狂かもしれません。









===============ここからネタバレ===================



意外と感想には不評も多くて驚いたんですけど、その理由が
「お爺ちゃんが可哀相過ぎて主人公に同情できない」という考えでした。
確かにね、障害者から金を奪うなんて鬼畜の如き所業ですから
その感想も分かるんですけど、でも、この映画は
目指してる方向性を達成する為に、お爺ちゃんを可哀相に、せざるを得ないです。
私が「ドントブリーズ」を、どんな映画だと思って見ていたのかというと、
この映画は現代社会の中で、見て見ぬフリをされて生きている人達が、
生き残りを賭けて戦う映画だと感じたんです。
死んでも気ずかれないような人達とか、どんなに頑張っても
マトモな生活が手に入らない若い子とか、マジメに生きてきたのに
まったく良い事もなく死んでいく人とかね。泥棒する若い子が、
特に女性の主人公が鬼のような形相で金を奪おうとするでしょ?
お爺ちゃんも泥棒も、死にものぐるいなんですよ。
負けたほうが人生から脱落する。そういうホラーだと思いました。


c0027929_19362884.jpg

ホラーって本来は、社会の暗部をテーマにしたり、社会風刺をしたり、
人が生きている中で、なんとなく認識しているけど
なんとなく向き合わないで居ることを、ドンっとぶつけるジャンルです。
そこには、まるでその世界で生きているかの如く、
リアルな設定を背負っている人物が必ず居ないと成立しないし、
痛みに気ずける人ほど恐怖を表現できるんだと思います。
お爺ちゃんは地獄のような人生を生きたことで、
自分なりの答えに辿り着きます。

「人間は神が居ないと思えれば、どんな悪い事でも出来る」

実際には存在しない盲目の最強お爺ちゃんですが、
彼の心の痛みにシンクロしていくことで、
お爺ちゃんの異常性や、生きている重みさえ感じる台詞が
生まれていくのだなーと。


c0027929_19363198.jpg

なので、本当に怖いホラーを作れる人って
誰よりも優しいんじゃないかなーって・・・
「ドントブリーズ」を見て思ったのでした。
サム・ライミも関わってますが脚本、監督をしたのは
フェデ・アルバレスという方です。注目すべき才能だと思います。



[PR]
by frat358 | 2017-03-24 01:41 | DVDエラー大嫌い | Comments(0)

フリオ・フェルナンデス氏に捧ぐ日記



c0027929_22392335.jpg



去年からタマネギとニンニクが九州では不作で、
そういえば見かけないなーって、言われて気ずいた感じ。
ニンニクなんて、いつもまとめて買ってたのに
いつまでも入荷されないから買う機会が無いまま時が経過し。

久々にトマト料理でも作ろうと思ってニンニクを探したら
無い・・・ニンニクが無い!?・・・こんなことは
一度も起きた記憶が無いので軽くパニックになってしまい、
どうして無いんだろうと冷蔵庫を長いこと探し・・・
やっとニンニクが無い現実を受け入れて;
カットした野菜を冷蔵庫に戻し、
翌日には地元スーパーへ向かいました。

もう、なんか・・・中国産でいいやと思ってたんですけど
見た事も聞いた事も無いニンニクが在ったので、
そちらを購入してみました。


c0027929_22390319.jpg


スペイン産のニンニク。168円。
生産管理者、フリオ・フェルナンデス・・・

さっそく使ってみると、皮が固いというか、
キッチリと果肉に皮がくっ付いてて驚きました。
指で頑張って剥いていくと、今まで見た事も無いような
ツルッツルのニンニクで、輝いて見えました;
切っただけで香りがしてくる。なんか凄い・・・



c0027929_22390377.jpg


ニンニクを変えただけなんですけど、
今までとは違う風味がしました。
色彩を変えて撮影したらピーマンが黒くなっちゃった。
焦がした訳じゃないからね;
フェルナンデスさんも、まさか日本で自分のニンニクが
こんな風に扱われてるとは想像してないかも(笑)
あなたのニンニクは今日、日本でラタトゥイユになりました。






[PR]
by frat358 | 2017-03-21 22:40 | 熊本ハーフ | Comments(2)

恋と税金と寛容の限度



c0027929_00305818.jpg


化学系の雑誌を見ると、恋愛も科学的な視点なので
人は遺伝子で「好き!」とか「無理!」とか決めているって
書いてありますね、どれを読んでも・・・。
でも私は運命で出会ってると思いますね、どう考えても。
ここで、こうなっていたら出会ってないんだ、とか
この時、こうじゃなかったら付き合ってたとは思えないとか、
振り返ってみると、そんなんばっかりじゃん?
運命と呼ぶべきじゃないのかもしれないけど、
確実に惹かれ合って恋愛対象になってるんだろうなーと思う。
でも「たった1度の人生で、たった1人の人」になるには
運命だけじゃ足りません。勇気も必要だろうなと思います。
科学雑誌を読みながら科学に反する事を思います。



c0027929_00293604.jpg

ところで皆さんは税金とか平気なんですか?
なんか、すげえ高いんですけど・・・
年金もあるでしょ?あと、なんだっけ・・・
介護保険だっけ?なんか中年になると払うやつ。
公務員の面倒みてるだけで凄い金が飛びませんか?
私だけですか?誰のブログを見ても書いてないよね。
ひょっとして私だけが税金払ってるんですか?
そんな訳ねえだろ。アメーバのブログなんて
山のように人が居るのにさ、税金対策とか何だとか
誰も聞いてないのに熱心に教えてる人は居るけど
税金が腹立つって書いてる人が全然居ない。謎すぎる。
やっぱり私だけが税金払ってるのかもしれない。いや違う。



c0027929_00294378.jpg

恐らく都会にもあると思うのですが、
田舎には「老人会」っていうのが在ります。
本来はゲートボールとか、カラオケとか、お茶会とか、
夫や妻を亡くした年寄りが孤立しないように
みんなで仲良くして支えあう為の「会」なのですが・・・

実態は、80代の年寄りが70代の年寄りに、
「アンタはまだ若いから、うちの庭を掃除しろ」とか
「山の草刈りしといてくれ」とか
散々に年下を利用する場になってたりします。
もちろん、場所によりますけども・・・
上手く機能してない老人会も多いんです。

私の叔母は東京で育った都会人でしたけど
故郷がコチラなので、夫と一緒に骨を埋めるつもりで
コッチに帰ってきてたんですよ。
出来る限り、周囲と仲良くしようと考えて
老人会にも入り、山の草刈りや庭の手伝いをしてました。
でも、それによって身体を壊してしまって、
神経痛や歩行困難などの症状を起こしました。
更には旦那さんが先に亡くなって、とても1人では
田舎で生きていけないと判断し、東京の息子の家へ
戻っています。こういう人こそ私が助けるべきなのですが
入れ替わりになっちゃって、私がここに来た時には
叔母は東京に戻ってました。

老人会では、怪我などが起きても一切なにも保証しません。
頼んでおきながら医療費も出ない。
老人主催の運動会もそうですね。毎回怪我人が出ますけど
確か医療費は出てないな・・・死人が出た事もあるらしい;
それでも運動会やりたいんだから田舎の老人も凄いですけど。
ちなみに私の母は絶対に参加しないって拒否を続けてます;

この問題だらけの「老人会」を、65歳以上は
強制的に参加させるべきだっていう案が出まして、
義務化する為の会議が最近、近所でありました。
恐ろしい話だなーと思って推移を見守ってたのですが、
都会から移住してきた初老の方々も多くて、
思いのほか反対意見が多かったらしく。
地元で長いこと貢献してきた爺さんなども強制は反対で、
来年もう一度、話し合おうという、ありがちな展開で終えました。



c0027929_00293983.jpg


なんで強制しようなんて話が出たかっていうと、
補助金が出るんですよ。ほんの少しなんですけどね。
それが目当てらしくて;でも補助を貰うには
一定数の参加人数が必要なんです。なので・・・
強制参加させてでも、人数を確保して補助を得ようとしたのかなーと。

維持が出来なくなったら解散していく勇気も大事だと思います。
私が老人になった時、今回の会議に参加した人達が
1人でも生きているのかと;やっぱり「終わる日」が必ず来るので。
それを認める事も大事じゃないかなと思います。
老人会以外にも、1人暮らしの老人を見回る組織もありますし、
うちの移動販売みたいに、人が集まる場を作る事も出来ます。
もちろん本当なら、みんなが集まりたくなるような老人会で、
楽しい場で在るのが理想だと思いますが、それが無理で、
人数も無理なら・・・ね。そういう事だと思います。



c0027929_00293658.jpg


寛容であること。それは全ての人間に問われるような
大切な道徳だと思うのですが、そうは言っても人間なので
誰にでも限度ってもんがあります。限度は、それぞれに違います。
これくらい許してやれよって思う人も居れば、
絶対にこれだけは許せないって人も居る。


アカデミー賞では映画への貢献や映画での活躍が
純粋に審査されます。これはオモテ向きな言葉ではなくて、
かなり本当に、そうなっています。犯罪歴や犯罪疑惑があっても
優秀な映画人であれば最優秀賞を貰える場でもあるんです。
ロマン・ポランスキー監督は過去に小児性愛疑惑があって
アカデミー賞の式典には出席していませんが
(アメリカに入国すると逮捕される可能性がある)
何度もノミネートされて受賞経験もあります。

ウディ・アレン監督も幼児性的虐待の疑惑がありますけど
長いことアカデミー賞に呼ばれて出席しています。

日本であれば疑惑だけでも「巻き込まれたくない」という事で
総スカンを喰らうのが日常的。でもアカデミー賞で多数決をして
最優秀を決めると、疑惑で善悪は判断できないので、
映画での仕事で評価する、と考える人が多いようですね。

でも今回は、ちょっと違いました。
疑惑じゃなくて間違いなくダメな人を最優秀に選んだ。
ダメ人間の中のダメ人間。ダメダメ人間(なんだそれ)
そんな人が最優秀男優賞を貰えてしまったんです。



c0027929_00341569.jpg

今年のアカデミー最優秀男優賞はケイシー・アフレックでした。
彼はベン・アフレックという大成功を続けている俳優の弟で、
お兄さんと違ってスリムな体型とクールな瞳が特徴的。
でも彼の行動を見ていると、クールなのは見た目だけかと
ガッカリするような経歴をハリウッドに刻んできました。
彼は2度のセクハラと、偽ドキュメンタリー製作による大炎上で
業界を事実上、干されていた人なんです。

なかでも偽ドキュメンタリーが悪質で、
故リバー・フェニックスの弟、ホアキン・フェニックスが
俳優からヒップホップ歌手に転向し、でも全然売れなくて
精神を病んでいく姿を1年間撮影した映画に
ケイシー・アフレックが監督として参加。公開されましたが、
「この映画で起きてる事は、全て嘘だよ~ん☆」って
試写会の後に発表したんです。みんな本気で、
心を病んでいくホアキン・フェニックスを心配したのに
実はケイシー・アフレックとホアキンが仕組んだ茶番だったと。
テレビ番組でもノイローゼ状態を演技して出演したりと
かなり悪質で、ホアキンもケイシーも業界を干されました。
その後、ホアキンは少しずつ仕事を得ていきましたけど
ケイシー・アフレックに関しては長く長く干されたようです。


c0027929_00341508.jpg

でも、お兄さんのベン・アフレックとか
親友のマット・デイモンが仕事を紹介したり譲ってくれたりで
今回の「マンチェスター・バイ・ザ・シー」という映画の
主役を獲得できたケイシー。その映画で主演男優賞を獲得しました。


しかし彼の、2度に渡るセクハラ疑惑は
女優さんの中では「許せない」と考えてる人も居て、
ゴールデングローブ賞の授賞式では
ケイシーが受賞しても拍手しない女優さんが居ました。
人によって、やっぱり限度も違うし怒りのツボも違うなーって
思ってしまう出来事でしたけど。

他にもメル・ギブソンなんて完全なアル中だし、
奥さん殴ったりしてるし、警察に「ユダヤ野郎」とか言って
それが映像だか音声で記録されててメチャクチャに批判され、
マッドマックスでも主役がトム・ハーディーに変更されたりとか
色んな事があったのに、彼が監督した「ハクソー・リッジ」は
今回のアカデミー賞で、いくつか受賞してます。
さすがに監督賞は無理でしたけどね。

アル中でもいい。奥さん殴ってもいい。セクハラしてもいい。
反省して、やり直そうとしてるなら応援する、
凄い仕事をしたら評価する!・・・うーん、それってどうだろ;
やっぱちょっと・・・引っかかるもんがありますね。
まあ酒乱の人とかアル中の人って、飲んでない時は凄く良い人なので、
メル・ギブソンとかジョニー・デップに関しては判断が難しいけど。
いやー、でも、奥さんをグーで殴るのは、どうかと・・・
そういえばジョニー・デップも奥さん殴ってたね。


c0027929_00345965.jpg

どんなにバカな事をしても兄貴と友達が見捨てないって事は、
人として良い面も沢山持ってるって事かもしれませんが。
メル・ギブソンに関しても、何度も結婚してるし。
今の彼女は35歳年下だっけ?子供は9人目だったかな。
それだけ魅力が在るって事なんでしょうね。
私なんか1度も結婚してないのにね。

だからと言ってセクハラ男とアル中DV男に
最優秀を与えて良いのかどうか・・・
それぞれの人間が、寛容の限度を問われる受賞でした。



c0027929_00294178.jpg

数年くらい前は、リアリティー番組を
結構、見ていたというか・・・顛末だけを読んだりしてました。
アメリカン・アイドルもメンバーが同居する訳じゃないけど
ある意味、リアリティー番組ですよね。
なかでも若い子を集めて共同生活させるリアリティー番組は
海外に多くて、日本でも番組がスタートしたり。

でもこういった同居系のリアリティー番組は
自殺者が凄く多いことを知って、見るのをやめました。
番組を盛り上げる為に人相が悪い子を悪者に設定したり、
イジメられる子を作り上げて人気者にしたり・・・

あの子とケンカしてこいとスタッフに指示された、なんていう
証言もあったり、拒否したら今週脱落だぞと脅されたとか、
番組側の「演出」が日常茶飯事で、
もう、何が事実で何が演出なのか分からん状態であると。

登場する若い子達の過去とか出演理由なども
脚本家が誇張したり、嘘の経歴を作ることもあったり、
玉の輿を狙ってる事になってる女の子が、
実は家賃の支払いで困ってる母親を助けるために
出演料が目当てなのが本当の出演理由だったり、
大金持ちのイケメンっていう設定の男の子が
実は夜遊びばっかりして親に絶縁されて
事業も破産してる崖っぷち男だったとか。

・・・なんか、事実のほうが面白い気もしますが;
そんな感じで、様々な演出が行われているそうです。

そして何より重要なのが、番組が終わったら
みんな地元に帰るっていうことです。
嫌われ者として扱われた人は、地元に帰っても
そのイメージが定着しちゃって村八分にされたり、
番組で人気者だった子は数年でチヤホヤされなくなって
急激な落差を受け入れられず、精神疾患になったり。


テレビが与えてくる人間の印象が真実かどうかなんて
怪しいもんですよ。事実と異なる印象を与える映像でも、
そっちのほうが面白いって判断されれば
そのまま押し切ってしまったり、するようですから。


てゆうかさ・・・
むかしTBSで放送されてた「ガチンコ」とか
海外のリアリティー番組にしたって、そんなね・・・
毎週、毎週、何かが起こるわけ無いじゃん?
冷静に考えれば誰でも分かる事なのに
私達は簡単に騙されてしまうんですよね。
それが一番の問題かもしれません。



[PR]
by frat358 | 2017-03-21 00:40 | 熊本ハーフ | Comments(3)

ピンクの錠剤とか。



c0027929_12232686.png


何年も脚本を書いてみたいとは「思う」んですけど
実際に、自分に出来るかを考えてみると
難しいだろうなーって思います。

形にしようか考えている脚本は、
色んな作家がトライしてるような題材なんですが、
あんまり社会派っぽく、したくないです。
個人の感情が伝わってくるような作風で。
人はねえ・・・2~3人、死んじゃうかな。
確実に死んでもらうのは2人です。
可能なら追い詰められていく表現を強化したいので
7人から8人くらい死んで欲しいけど、うーん・・・
なんか物騒な文章を書いてますね;脚本ですからね;

あんまり死にすぎると、死が軽くなっちゃうのでイヤだな。
死ぬっていうか殺されます。殺され方としては
「ぎゃー」とか「うわー」とか顔だけアップになって
殺される場面は写さない~みたいなのはイヤで、
頭にナタが刺さるんだけど、刺さりっぱなしとか(笑)
見てる人が呆然とするような描写は欲しいな・・・
それを目指すと急激に必要予算が増えるんだけどね・・・

で・・・
今年は本気で書こうかと思ったけど、やめました。



c0027929_12232699.jpg


環境設定と大まかなストーリーは作れたんですけど、
それらを面白くする為のアイデアが浮かばないんです。
そこへタイミングよく、ディズニーピクサーが
表現者の為に作ったアドバイス帳みたいのを公開してたので
読んでみたんですけど・・・凄く印象的だったのが

「主人公が偶然トラブルに巻き込まれるのは
素晴らしい事です。でも主人公が偶然ピンチを切り抜けると
見ている人は冷めてしまいます」というアドバイス。

映画って、都合よく武器が転がってる事はよくありますけど;
でもそこに必然性があったほうが見ているほうは納得いきますね。
というかアメリカの場合は、全ての場面で納得のいく説明表現が無いと
放送さえしてもらえない、という側面があるそうです。
悪党が登場するなら、必ず悪党が悪い事をする理由を見せないとダメとか。

でもこれは逆説的な効果を現代では生んでいて、
日本のホラーって、なんにも主人公が悪い事をしていないのに
とんでもない目に遭いますよね。リングとかリングとかリングとか。
そこに行っただけで死ぬとか、よく考えてみるとムチャクチャじゃん?
あれがアメリカ人には物凄く怖いそうです。
不条理が禁止された作品に子供の頃から親しんでいるので
日本の不条理ホラーを見ると怖いそうな。まあそれはいいとして。



c0027929_12233242.jpg



とにかくディズニーピクサーが面白い作品を作る為の
ポイントとして挙げてる言葉が、
自分の作品像の中に、無い事に気ずきまして。
これじゃ作っても最後まで面白い形にならないなーって
自分で気ずいてしまいました。なので中止です。
問題点をクリアできたら形にしてみたい。
意欲は、あるんだよ(笑)でもまあ、難しいよね・・・


「あなたが退屈だと思う映画に出会ったら、
その映画をどうすれば面白く出来るか、考えてみてください。
それが面白い映画を作る為の訓練になります」

↑とりあえず、このアドバイスと付き合いながら
思案だけは続けていこうと思います。



c0027929_12233208.jpg


最初はショートフィルムが良いかもしれませんね。
短いのなら、既にありますよ。
1分の映画と、5分の映画(笑)
実現するなら・・・1分のは3万円あれば作れます。
5分のは2億円くらいかかるかな(笑)
スタッフは最低でも200人くらい必要。
撮影も都内の一部ごと貸しきらないと実現しない。
うん・・・無理だな。



c0027929_12251965.jpg



ロクでもない事が次々と起きたり
仕事がメチャクチャに忙しくて、考えるだけでも
憂鬱になったり、そこへ花粉症なのか風邪なのか
食欲不振と頭痛と悪寒が襲ってきて、
目がチカチカして夜の選別の仕事が出来なくなり。

もうなんか、何も見たくないからコンタクト外して
18時にはベッドに潜り込みましたが、
20時くらいに起きてしまい、目覚めた瞬間は
気分爽快だったんですけど、ジワジワと頭痛が戻ってきて
とても二度寝できそうもなかった。
体温が凄い下がってて寒気もするし・・・



c0027929_12250097.jpg



よく分かんないけど花粉症かもしれないと思い
処方されてたクスリを初めて飲んで・・・
ベッドに戻って目を閉じたら・・・なんか・・・
巨人が両手を広げて頭痛の痛みと溶けていくような。
コーヒーにミルクを入れて、ゆっくりと色が変わっていくような。
不思議な痛みの変化を感じました。
クスリが効いている・・・こんな頭痛と悪寒が
風邪じゃなくて花粉症なのかと。信じられない・・・

そのまま、痛みの様子を観察しながら
真っ暗な部屋で考え事をしていると・・・
食欲不振も致命的な病気の始まりのような気がして、
なんかもう、何もかもイヤになっていき。
農業なんて絶対もうしたくない。やだやだ、とか。
ひでえ人生だった。やっと終わる・・・
誰よりも好きな事はした。それだけでいいや。
それに見合うだけの事は失ってきたし。
死んだら高く昇って冬の日の出を師匠と一緒に・・・なんて。
気分が終焉モードになっていきました。




c0027929_12250093.jpg


恋愛も酷かったなあ・・・
もっと早く動けば良かった。ダメすぎる。
・・・・・いや違う。ありがとう。みんなありがとう!!
全ての人にありがとう!!ありがとう!

というような、ジェットコースターみたいに
気分が上昇したり下降したり、
訳の分からないテンションになりまして;
展開に悩んでた曲までアイデアが浮かぶし
笑顔が止まらなくなって・・・
花粉症のクスリで頭がラリったとしか思えない。



c0027929_12250589.jpg


結局・・・合計で16時間くらい眠ってしまいました。
花粉症のツラさは抜けましたけど、恐ろしい・・・
何が終焉だ。生きてるし;何が「ありがとう」だよ。
不幸を喜んでどうする;
いま思うと、自分が変だったと確信できるのですが。

激しい花粉症の方で、私と同じようになってませんか?
なんかねえ、ピンクの錠剤。副作用がヤバいかもしれない。
気をつけましょうね・・・





[PR]
by frat358 | 2017-03-18 12:31 | 熊本ハーフ | Comments(0)

お好み焼きと絶望と朝4時の思い出

c0027929_21054116.jpg

お好み焼きは、キャベツと小麦粉と卵さえあれば
美味しいものに変身するので
作る習慣を身に付けようと、何度か挑戦してます。

最初に作ったお好み焼きはキャベツを入れすぎてしまい。
なんか、キャベツは沢山入れたほうが美味しいと聞いたので・・・
ちょっとやりすぎました。あまりにも見た目が酷いので
笑ってもらえるかなと思い、撮影しようと思いましたが
粗大ゴミみたいな出来栄えだったので、さすがに控えました;
これは2回目のお好み焼きかな・・・
私って大抵は、何をやらせても1回目が失敗しますね。



友人のQ太郎くんが2日連続で体調不良で早退して、
症状がノロウイルスに似てるとか言い出すし
電車の中で吐いたりするなよーって言ったんですけど
アイツだったら吐くなよって言っても吐くだろうなーって・・・
具合が悪いのにオロナミンC飲んだとか言ってるし、
余計に体調を崩すんじゃないかと不安。

東京に来るなら泊めてあげるよって言われたんだけど・・・
そうだ。昔ね、Q太郎の家に泊まったことあるんですよ。
普通の一軒家だったけどQの部屋だけが物凄い事になってて
床が見えないんですよ。なんか色んなものが散乱してて
歩くとバキバキッって音がしたりするのね。
何を踏んだんだろうと思って床を掘り返していくと
俺が貸してたCDなんだよ。ナメてるでしょ?
「あー!そこに在ったんだ!」とか言われて。

何十年も前の話ですから、さすがに現在は
通常の部屋に住んでるとは思いますけど・・・
やっぱ、なんかちょっと・・・怖くて;

東京に行く機会なんて、今後いつあるか・・・
自分でも分かりません。


c0027929_21053712.jpg



東京では「ミスト」が放送されたらしくて
見た事が無かった人の感想が集まって面白かったです。
こんなゴミ映画、見て後悔したっていう感想もあった。
私はミストを名画だと思ってますけどね。
今回の放送を記念して、世界中で過去に投票された
色んなランキングが公開されていて、
興味があって読んでみました。

以下はアメリカのサイトBuzzFeedが投票式で選んだ
「人間不信になる、絶望する映画トップ25」です。


▽「ソドムの市」(1975)
▽「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000)
▽「ファニーゲーム」(1997)
▽「セルビアン・フィルム」(2010)
▽「レクイエム・フォー・ドリーム」(2000)
▽「食人族」(1980)
▽「ザ・ウーマン」(2011)
▽「オールド・ボーイ」(2003)
▽「脱出(1972・アメリカ)」
▽「ムカデ人間2」(2011)
▽「アレックス」(2002)
▽「白い家の少女」(1976)
▽「砂と霧の家」(2003)
▽「発情アニマル」(1978)
▽「GUMMO ガンモ」(1997)
▽「悪魔を見た」(2010)
▽「ミスト」(2007)
▽「キリング・フィールド」(1984)
▽「ホステル2」(2007)
▽「ザカリーに捧ぐ」(2008/劇場未公開ドキュメンタリー)
▽「デッドガール」(2008)
▽「鮮血の美学」(1972)
▽「ハピネス(1998)」
▽「マーターズ」(2007)
▽「アンチクライスト」(2009)



いやー、ほとんど見てない(笑)
まだまだ世界は広いって事か。でもね、
「ザカリーに捧ぐ」っていうのは聞いた事あります。
これはドキュメント映画なんですけど、
ある日、男の人が何発も発砲されて殺されるんですけど
ザカリーっていう小さな子を遺して死んじゃうんです。
殺された男性と子供の頃から仲良しだった男性が、
遺されたザカリーに父親がどんな人間だったかを
伝えようと考えて、亡くなった男性の人生を振り返りながら
映像で記録していくんです。色んな人にインタビューして、
こんな人だったよー、こんな人だったよーみたいな。
ザカリーが大人になった時でも、お父さんの事を考えたり
父親が居た事を思って欲しいと。
もうなんか、100%善意で撮影してたんですよ、最初はね。
ところが撮影を続けていたら、男性を殺した女性が
ザカリーを出産した母親だと分かるらしいんですよ。
ここから殺された男性の「裏の顔」が見えてきて、
映像を撮影してる大親友だった男性もビックリするような
とんでもない結末に向かっていくらしくて。
かなりのバッド・エンドらしい・・・
ドキュメントなので「実話」ですから、
本当に落ち込むかもしれんな・・・

「食人族」は中学生の頃に見たけど
内容を憶えてない(笑)途中で寝ちゃった・・・
凄いんだよ。セックスしてる映像が流れてるのに
興味がもてなくて寝ちゃったんです。男がですよ?
男が、エッチしてる映像を見てても寝ちゃうって・・・
どんだけつまんねえんだよって話ですけど。
ちゃんと見たら面白いのかなあ・・・
昔は酒を飲んだりもしてたので、酔って見てたのかな?

あーそうだ。「オールド・ボーイ」も素晴らしいですよ。
これは韓国映画なんですけどハリウッド版もあります。
どっちも良い出来なので、どっち見ても大丈夫です。


つづきましては~~~
イギリスの映画誌「TOTAL FILM」が発表した
「見ると気分が滅入る映画BEST30」(笑)
こちらはランキング形式になってました。


1.「レクイエム・フォー・ドリーム」(00/ダーレン・アロノフスキー)
2.「ザ・ロード」(09/ジョン・ヒルコート)
3.「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(00/ラース・フォン・トリアー)
4.「アンジェラの灰」(99/アラン・パーカー)
5.「ミスト」(07/フランク・ダラボン)
6.「プレシャス」(09/リー・ダニエルズ)
7.「日蔭のふたり」(96/マイケル・ウィンターボトム)
8.「ドクトル・ジバゴ」(65/デビッド・リーン)
9.「ヴェラ・ドレイク」(04/マイク・リー)
10.「ソフィーの選択」(82/アラン・J・パクラ)
11.「リリア 4-ever(Lilja 4-Ever)」(02/日本劇場未公開/ルーカス・ムーディソン)
12.「ケス」(69/ケン・ローチ)
13.「エレファント・マン」(80/デビッド・リンチ)
14.「風が吹くとき」(86/ジミー・T・ムラカミ)
15.「ホテル・ルワンダ」(04/テリー・ジョージ)
16.「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(08/サム・メンデス)
17.「火垂るの墓」(88/高畑勲)
18.「砂と霧の家」(03/バディム・パールマン)
19.「Scum」(79/日本未公開/アラン・クラーク)
20.「ナイロビの蜂」(05/フェルナンド・メイレレス)
21.「黄色い老犬」(57/ロバート・スティーブンソン)
22.「ミリオンダラー・ベイビー」(04/クリント・イーストウッド)
23.「キリング・フィールド」(84/ローランド・ジョフィ)
24.「パッション」(04/メル・ギブソン)
25.「カッコーの巣の上で」(75/ミロス・フォアマン)
26.「Dead Man’s Shoes」(04/日本未公開/シェーン・メドウズ)
27.「叫びとささやき」(72/イングマール・ベルイマン)
28.「チャイナタウン」(74/ロマン・ポランスキー)
29.「リービング・ラスベガス」(95/マイク・フィギス)
30.「縞模様のパジャマの少年」(08/マーク・ハーマン)



すごい!レクイエム・フォー・ドリームが1位!
なんとしても見たくなった。今年は絶対に見ます。
「プレシャス」は素晴らしかったけどなあ・・・
まったく絶望しませんよ;暖かい映画です。
途中までしか見てないんじゃないの?

「風が吹くとき」も私は好きですね・・・
無関心と無自覚と、途方も無い夫婦愛と、
そして、関心を持っていても自覚があったとしても
何が出来たというんだろうと思ってしまうような絶望感。
恐ろしい映画だった・・・
「ミリオン・ダラー・ベイビー」も確かに暗いな;
でも好きだなーあの感じ・・・
あれは、本当に何も無くなった時に何があるかっていう話だよ。
暗い映画では無いよ・・・うん。愛の物語ですよ。
日本からは「火垂るの墓」が選ばれてます。
「ザ・ロード」も暗い映画じゃないですよ。いやもう単純に
食べ物が無くて、人間が人間を食ってるだけです。
・・・暗いって?いやでも、ラストはそんなに暗くないです。



c0027929_21045592.jpg


ずーっとyoutubeで曲を流してたら
4 Non Blondesというバンドが流れたので
懐かしすぎて凝視してしまいました。
私がこのバンドを知ったのは、朝の4時頃だった。
BEAT UKという番組で1位だったのがこの曲で。
この番組は物凄い深夜放送でね、スタッフのバイトが終わって
身体中ボロボロで、メチャクチャ眠くて頭クラクラで、
こんな番組を見ないで寝れば良かったと思いながら
必死に最後まで見ていたら
すっげえ幸せそうな顔で歌う女性が出てきて
へーーイ、イェーーイ、イェーーーーー!!!
という大声のサビと、クチの大きさに
衝撃を受けまして・・・なんだこりゃと;
私は死にそうなほど眠いのに、なんでこの人は
こんなに幸せそうに歌ってるんだろうと・・・
寂しくなっちゃいました。


c0027929_21045238.jpg


友人に借りたレッドツェッペリンのカバーアルバムに
4 Non Blondesも収録されてて。そういえば
へーーイ、イェーーイ、イェーーーーー!!!
という曲以外は知らないな。他の曲だったら
どんな風に歌ってるんだろうと思って聞いたら
ツェッペリンのMisty Mountain Hopを完コピしてました。
おかげで、更に混乱しましたけど。

一発屋だった4 Non Blondesですが
ボーカルのリンダ・ペリーはプロデューサーになって
クリスティーナ・アギレラに楽曲提供したり、
大成功を収めて大金持ちに。裏方として活躍中です。
プロデューサーとしてのキャリアのほうが長いのに
未だ私の中では朝4時の埼玉県入間市で
へーーイ、イェーーイ、イェーーーーー!!!と、
TVの中で叫んでた女性、というイメージが消えません。


という訳で今日は4 Non Blondesの
へーーイ、イェーーイ、イェーーーーー!!!でお別れです。
またいつか。










c0027929_03491765.jpg


そうだった、書くの忘れてた。「絶望する映画」の中に
「ブロークンフラワーズ」が無かったので驚きました。
これは過去にも長く感想を書いてますけど、簡単に書くと
晩年に近い独身男が「あなたには息子が居ます」という手紙を貰って
名前が書いてなかったので、最初はイタズラかと思うんですけど
それにしては自分の事を知ってる文章なので、とても気になり。
誰が書いたのかを知る為に、今まで付き合った全ての女性に
会いに行く話なんです。でもこの映画は、感情を言葉で説明しないのが
徹底されているので、何を思ってるのか、よく分からないんですよ。
じゃあどうやって表現してるかっていうと、1つだけネタバレしますね。
知りたくない人は読まないでください。














主人公はイケメンじゃないですけど、名前が変なので
初対面の人でも思わず笑っちゃって、それが機会になって
仲良くなっていく男です。なので今まで付き合った女性が
結構、沢山居るんです。その中の1人に会いにいったらね、
とっくの昔に元カノは結婚してるんですよ。旦那さんも凄く良い人で、
誰がどう見ても幸せにしか見えないんです。夫婦で歓迎してくれて、
夫婦と主人公という状態で楽しく話すんですけど、でもね・・・
主人公が遥か昔にプレゼントしたネックレスを
元カノが未だに付けてるんですよ・・・
突然、会いに行ったので付けたままなのを見られてしまう。
主人公がネックレスに気ずくし、気ずかれた事に元カノも気ずくんですが。
でもそれを話してしまったら・・・旦那さんの立場が無いでしょ。
なので互いに、その話をしないんです。言わないまま、その場を去る。
もう多分、二度と会うことはないですよね。
つまり・・・もう手遅れだっていう事なんです。
こんな感じで、手遅れです。手遅れですっていうのが続いていって、
えーと・・・この辺にしとくか;もうね、とてつもなく絶望します(笑)
ガクーーーーンって、なりました。恋愛経験があって独り身の男とかは
もう、どうしようかなって思うくらい落ち込む映画だと思うし、
見た後は2時間くらい動けなくなった(笑)
そんな映画もあるんですよー?というのを書いて、今日は終わります。





[PR]
by frat358 | 2017-03-14 21:08 | 熊本ハーフ | Comments(0)

確定申告と謎の粉




c0027929_20511362.jpg

確定申告は・・・去年はすぐに終わったんですけど
今年は3時間待ち。時間が勿体無いけど避けて通れない日。

お年寄りも多いので、自分が何番なのかを忘れてしまって
滞るなんてのは、しょっちゅうです。でも今年は凄かった。

「91番の方、いらっしゃいますかー?」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「92番の方、いらっしゃいますかー?」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「93番~?」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「94・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「95番の方は、いらっしゃいますかー?」

「・・・・・・・・・・」

・・・なんだこれは。異常な光景だ。
会場には沢山の爺さん婆さんが居るのに
誰も手を挙げない・・・どうなってんだろ。

すると職員が、待ってる人達の手を確認し始めて
番号札を見ていく。すると・・・

職員「93番ですね、こちらへどうぞー」

爺「・・・え?!」


え?じゃないよ;何しに来たんだよ;
あんた、ずっと前から座ってたじゃないか・・・
大丈夫なのか・・・帰りは運転できるのか。

でも人間なんて、みんなこうなるんだよね。
私が爺さんになったら、もっと酷いと思いますよ。
こんな感じでしょうね↓


「佐藤さんコチラですよー、93番ですねー」


「いや、今日はアイアンメイデンのライブで・・・」


「違いますよー、今日は確定申告ですよー?」


「そうなのか?昨日はメタリカのライブをスウェーデンで」


「それはyoutubeですねー、ここは日本ですよー」


「なんだおまえ!バカにすんな!今日はメイデンのライブだ!」


「いま警備員きますからねー、落ち着いてくださいねー」


「なにをー!あ!ニューキッズオンザブロックだ!」


「違いますよー、警備員ですよー」



もうね・・・こんな風になるんですよ。人は。



c0027929_20553879.jpg



最近はダウンロードなどで販売することを
「デジタル・リリース」と呼び、
レコードやCDなど物質として販売するのを
「フィジカル・リリース」と呼ぶそうです。
知らなかったでござる。
レコードなのかCDなのか分からないんですけど
ナイン・インチ・ネイルズのフィジカル盤が
話題になっています。正直に言って今回の新作は
とても良い出来だなーって思ってますが。



c0027929_20513232.jpg



過去には世界中で放送禁止にされるプロモを作ったり
初登場1位に輝いて翌週には100位以下に落ちたり
色々と話題を振りまいてくれるバンドなのですが。
今回も凄い事をしました。



c0027929_20512454.jpg


今回の新作はパッケージに
長い警告文が書いてあるらしくて。
簡単に言うと、「この商品によって、アナタは
汚れる事になります。どんな方法であれ開封した場合、
販売側は一切の責任を負いません」と書かれてます。

汚れる・・・汚れるって、どういう意味ですかね。
聞いたら心が荒むとか?いや違う。そうじゃなかった。



c0027929_20513857.jpg



物理的に汚れる(笑)

中身に謎の黒い粉が散布されていて
開封すると粉が手に付くという商品でした。
「こんなこと考えやがったのは、どこのどいつだ!」とか
ファンからの怒り、笑いが飛び交っております。



c0027929_20512591.jpg



中身の商品も黒い粉で汚れてます。
手に付くという事は、中身に触れるたびに
手が汚れると・・・考えたほうが良いのかな。
これを日本のアーティストが実行したら
メチャクチャ怒られるでしょうね。
・・・まさかCDまで黒い粉で、汚れてないよな?
ファンの真っ黒な手を見ると不安になります。


トレントは最近のインタビューで、
「ネットの発達でファンの反応を恐れたり、
ミュージシャンが安全な音楽ばかりを作るようになってる。
あまりにも気を遣いすぎる環境になっているし
自分が言う権利が無い事でも、何を言っても大丈夫だと
思っている人達が居る」とコメント。

自分を支持してくれるファンに、
あえて「不愉快」を与えることで息苦しさを打破したい。
そういった意図があるのでしょうか。
単に嫌がらせかもしれませんけど;
いや、そんな単細胞な人じゃないです。
買ってみようかな・・・って、放送禁止プロモの時みたいに
興味をもっているのですが、あの時は見た事で本当に後悔したし;
これも中途半端な気持ちで購入すると酷い目に遭うかも。



c0027929_20513773.jpg



以前にも何処かで書いたんですけど、私がトレントに関する事で
物凄く印象に残っているのは、トレントは友達も居るんだけど
友達が遊んでいる輪の中には入らず、遊んでいるのを「見てる」と。
ビーチバレーとかキャッチボールみたいのを友達が楽しんでいても、
その場にトレントも居るのに、一緒には遊んだりせずに
少し距離を取って、幸せそうに見ているだけだと。
友達もその感じに慣れていて、誰もツッコミしないっていう。
この話はトレント・レズナーという人を
象徴しているような気がして、ずっと憶えています。












[PR]
by frat358 | 2017-03-10 21:01 | | Comments(0)

大逆転と大激怒




c0027929_13565727.jpg

バルサvsパリは、第1戦でパリが4-0勝利したものの
第2戦でバルサが6-1で勝利してトータル6-5.
野球みたいなスコアでバルセロナが勝ちました;
信じられない・・・というか、個人的にはバルサが勝った事よりも
前回は完封で勝利したパリサンジェルマンが
6失点で敗北して、そのうちの3点は7分間で決められたこと。
コッチのほうが衝撃でした。絶対にパリが勝つと思ってた。



c0027929_13570811.jpg


試合は日本時間の朝4時とかなので見てませんが、
データで見ると・・・引いちゃったんですね。

なんかもう、このレベルのサッカーになっちゃうと
引いて守れば勝てるっていう理論は通用しないのでしょうか;
昨シーズンはユベントスもバイエルン相手に引きまくって負けたし。


c0027929_13570138.jpg

第1戦では前線から猛烈なプレッシングをして
バルセロナの3トップを沈黙させたパリですけど
この試合ではバルセロナが3-4-3にシステムを変えて
ワラワラ攻め込んでくるのでパリのサイドが機能しなくなり、
攻めるバルサ、守るパリという悪環境になったようです。


引いて守っても良いとは思うのですが、それでも攻撃面で
相手が怖がる選手や流れを用意しておかないと
全く怖がらずに相手が押し寄せてくるので危険だなーと。
ユベントスはモラタとクァドラードを交代させて
守備固めを選択したら崩壊しましたけど、
パリもディ・マリアを先発から外したのが痛かったのかな・・・
最終的にはディ・マリアが後半に出てきて怖いプレーを見せて、
トドメと言える1点を決めてくれたのですが、
最後の7分でパリは3失点してしまいました。

6点目の失点なんて、パリは立って見てるだけだったしな;
あれは完全にメンタルの問題だと思います。
バルサだったから負けたんだと思うし、バルサを褒めるべきなんだけど
私はバルセロナって応援するよりも倒したほうが楽しいと思ってるので
パリサンジェルマンのサポーターじゃないのに、なんだか悔しい気持ちです。







勝ったバルセロナはお祭り騒ぎでしたけど、
負けたパリのほうは大絶望、大激怒・・・
落ち込んだ選手達がパリに戻ると、大敗に怒ったパリのサポーターが
選手のクルマを襲撃する事件が起きてしまいました。
このクラブのサポーターは乱暴な人も結構多くて、暴動が起きる事も
そんなに珍しくないんですけど選手のほうも自家用車で家族も乗せてるので
パニックになった面もあるのか、襲撃したサポーターの中で
選手のクルマに轢かれた人も居るようで。クルマも何台か壊されました。
困ったもんです。




c0027929_14033536.jpg

チャンピオンズリーグでは無いんですけど
イングランドでは、ユナイテッド所属のイブラヒモビッチが
対戦相手と揉めまして。今までサッカーの世界では
見た事もないような、信じがたい暴力の応酬となりました。



c0027929_14034819.jpg


エルボー、危険なスライディング、顔面への踏みつけ、
張り倒し・・・ダイジェストでまとめた動画が在りましたが
すぐに削除されてしまいましたので、エルボーと踏みつけだけ
画像を載せておきます。


c0027929_14033569.jpg

どう考えてもイブラヒモビッチが競り合いを利用して
右肘をミングス選手の顔面に叩き込んだように見えますが、
イブラ本人は「アイツが自分から俺の肘に向かってきた」と
言い切ってます;

というか普通に考えると・・・
エルボー、踏みつけ、危険なスライディング、張り倒しって
この中のどれか1つを受けただけでも、普通の選手なら
担架で運ばれて試合続行不可能になるような危険行為なんですが。
イブラとミングスは平然と睨みあいを続け、試合が終わるまで
激しくぶつかり合いました。



c0027929_14034927.jpg

身長195センチのイブラヒモビッチは
選手同士で揉め事が起きても、
いつも頭1つ分くらい背が高くて
言い寄ってくる選手に向かって
「俺に触るな。触るな」と話しながら
威圧的な態度を見せるイメージがあったんですけど
今回はイブラヒモビッチと揉めたミングスもデカくて、
身長191センチ、体重80キロの23歳。
写真で見るとイブラよりも大きく見えるので
ひょっとしたら成長期で背が伸びたのかもしれません;
2人は通常のサッカールールを適用されず、
イブラヒモビッチが3試合の出場停止。
ミングスは顔面への踏みつけが特に危険視されて
5試合の出場停止処分を受けました。



ミングスは若手の中でもクリーンな選手として有名で、
2015年に貰ったイエローカードが最後でした。
キャリアの中でも危険な行為が少ない選手ですし
ワザと顔を踏んだなんて判断されるのは不満だと
所属クラブはコメントを出してます。


c0027929_14033965.jpg

でも、どっからどう見ても、ミングスの精神状態は
クレイジーな状態になっていたとしか思えない。
よっぽど頭にきたんだと思います。
映像を見た印象では完全にワザと顔を踏んだと思う。
そして顔をスパイクで踏まれても、ギャーとか言わずに
このやろ~って一瞬で怒りが点火するイブラも怖い;



c0027929_14034307.jpg

スパイクの裏側って、こんな風になってるんですよ。
体重80キロの選手に、こんなんで踏まれたら・・・
それでも試合終了まで走り回るイブラヒモビッチ。こわ。


c0027929_14034182.jpg

これも怖い画像・・・ハーフタイム後でしょうか。
ユナイテッド監督のモウリーニョに、ミングスが
なんか、詰め寄ってるという・・・
モウリーニョ怖がってますけど、大丈夫です。
私もコレ見てるだけで怖いので;
こんなヤツに詰め寄られたら誰だって怖いよ;

個人的にはイブラヒモビッチが睨みあいで怯むくらいに
ミングスが迫力あったので、度胸のデカさというか
将来は大物になるかもなーなんて。思ったりします。
まだ23歳ですからね。5試合禁止は重いですけど
これを機に成長して欲しいなと思います。

映像で見ると、ミングスはワザと踏んでるんですけど
ちょっと遠慮して踏んでるのが伝わってくるんです。
こういう風に踏んだら死んじゃうから、こうやって、こうして
踏んでおこうかなーみたいな;それも問題ですけど・・・


c0027929_14104839.jpg

きっと本当は、そんなに悪い子じゃないと思うんだよね。。。
ユナイテッドはここまで良い試合を続けてましたが、
攻撃の中心だったイブラヒモビッチを3試合も欠く事になって
チームも大きなダメージになりそうです。




[PR]
by frat358 | 2017-03-10 14:15 | | Comments(0)


検索
記事ランキング
超私的どこでもドア
お気に入りブログ
-
最新の記事