スライディング・ヘディングシュート2


3000坪の冒険と、時々音楽すごく映画。たまにサッカー
by frat358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事

いまさらハマる。


昼は風呂みたいな蒸し暑さで、シルバーさんとして働いている爺さん達は
バタバタと熱中症で倒れています;夜になると丁度良くてドライブしたくなりますが。
行く場所は市場くらいで、数年前みたいに高速道路を走る機会が全然ありません。



c0027929_01391704.jpg


夜の街をノロノロ走っているとREMが聞きたくなって、倉庫を漁ったのですが
山のようにCDがあるのに、コレだけが、無い・・・どこを探しても見当たらない;
ここかな?ここかなー?ってダンボールを開けていくんですけど、無い・・・



c0027929_01442393.jpg


「モンスター」は簡単に見つかったんですけど。これは夜の街で聞くほうがハマるし。
田舎の夜道にハマるアルバムでは無いので却下。クルマの中に入っていた「GREEN」で
しばらく我慢していたんですけど。


c0027929_01391704.jpg

やっぱりコッチが聞きたい。聞きたいー!!という訳で
通販で注文・・・しかし・・・
同時に買うつもりだった商品が中古だと知り、全品キャンセルした。
そのあとクルマのタイヤが劣化破裂寸前だったこともあり、
タイヤ交換でお金が減って、通販はキャンセルしたままに。

少し時間に空白が出来るとautoimatic for the peopleが聞きたくなって
何処かに在るハズだと探す、探す・・・意外と自分の部屋にあるんじゃね?
あるんじゃねーーーーー?って探していたら


c0027929_01392088.jpg

コッチが見つかってしまいました。大ヒットを続けていたREMですが
このアルバムで失速が始まります。というか、バケモノみたいな売上に
終止符を打ったアルバムというか。彼らの地味さ、素朴さを考えたら
やっと、世界が正気に戻ったという気持ちになったアルバムでした。
もちろん相応以上の売上はバンドが解散するまで続きますけど。
「モンスター」が大ヒットした後だったので、売り上げが落ちたように感じた。
まあ実際、売上はここから落ちていくんですけど。

地味だとか相応以上に売れてたとか、そんな悪意のある言葉を使ってて
本当にファンなのかよ?って思われそうですけど、
例えばボンジョヴィが売れればシンデレラも売れた訳よ。
ガンズが売れればスキッドロウも売れたし、ラットも売れれば
モトリークルーも売れてた訳よ、ハードロックの場合はね。
でもREMのようなシンプルなバンド構成で内的な歌詞を歌ってたバンドは
他にも山のように居たけど、ぜんっっっぜん、売れなかったんです。
REMだけが突出して売れ続けました。それはちょっと不思議というか、
いったい何が違うの?って疑問を感じざるを、えず。
未だに「なんであんなに売れてたんだろう」って答えが出ないままなのです。


c0027929_01392019.jpg
話は戻りますが。
当時の私が購入したのは、この「限定版」でした。好きなバンドだし、
アートワークも嫌いじゃなかったので、記念に買ったという感じ。
でもこういった少しサイズが大きめの限定版を買ったりすると
CDを中から出すのが面倒になります。

c0027929_01392160.jpg

開くと、まずこんな感じでした。大型のブックレットの中にCDも同封されています。
表紙がグレーに見えると思いますが、購入当時は金箔というか、金の粉が
全体に散布されているような表紙になってました。時間が経っていくと
少しづつ金の粉が剥がれていくというか。当時ビックリしましたよ;
うわー!俺の限定版が、金の粉がー!みたいな。でもインターネットで他の購入者を見ると
みんな金粉みたいのが剥がれていました。狙ってこういう仕様にしたんでしょうね。


c0027929_01392183.jpg
CDは、ほぼ無地になっています。でもなんか・・・詳しくないんですけど
物凄く高価なディスクを使ってると思います。一般的なCDよりも少し重く感じる。
分厚さも少し違うような気が・・・。すべて気のせいかもしれませんが。

new adventures in hi-fiが発売されたのは1996年ですが、
限定版からCDを取り出すのが面倒だったし、
このアルバム自体が「モンスター」と「オートマチック~」の中間という感じで
あんまりインパクトを感じなかった事もあり、100回くらいしか聞いてないと思われ。
「GREEN」とか「オートマチック~」は5000回以上は聞いてるハズなので、
なかなか印象が薄かったアルバムなんですけど、「オートマチック~」が見つからない事で
クルマの中では、ずっとコチラを聞いてます。作業中はリンキンとかアリス・クーパーとか。



c0027929_01392088.jpg



マイペースに活動を続けてきたREMも、大きなビジネスの中心になっていき、
本人達は正気だったのに周囲が狂ったように儲け話を動かしていたことで
ファンからの印象が悪くなったのでは・・・と、当時の音楽雑誌には書かれてます。
10年以上が経過してから聞いてみると、単純に音楽の良さだけが心に入ってきて
素直に聞けるようになりました。





[PR]
by frat358 | 2017-08-12 02:15 | | Comments(0)
<< 最近の夜 暑さに負けました。 >>


検索
記事ランキング
超私的どこでもドア
お気に入りブログ
-
最新の記事